架空の担降りブログ

ぜんぶフィクションです

担降りブログに憧れるあまり架空のアイドルを作り出して担降りした話。

 このたび、3年半つとめた市瀬陽翔*1くんの担当を降りることにしました。激重ポエミーですが、しばらくの自分語り、おつきあいいただけましたら幸いです。

 わたしがイッチを初めて知ったのは、2016年の夏のこと。舞台「はらっぱ」*2の宣伝で、生瀬さん*3と出たトキカケ*4大学で応用昆虫学を専攻していたというイッチに、トキオメンバー*5が全員目をらんらんとさせたのを覚えてる。
 それから3カ月後、たまたま観たダッシュ*6。「あ!あのときの昆虫専攻の人!」。トリカヘチャタテというイグノーベル賞を受賞した虫*7。を探しに洞窟を探検してた。おでこにはりついた、ヘルメットごしの前髪が妙にセクシーで、ていうかめちゃくちゃお顔がいいなと気づいてすごくどきどきした瞬間、トリカヘチャタテのメスのペニスを顕微鏡で見て大興奮している、男子小学生みたいな無邪気な笑顔に虜になった。(我ながらマニアックすぎる、笑)
 すぐに動画サイトやまとめサイトで検索し、イッチのことを調べまくった。(後述するが、そのとき皮肉にも降り先となるjrの「ARFAT」*8のきっきこと村木朝希*9くんにもわたしは出会っていた。)「10月革命」*10という4人組グループのリーダーで紫担当。笑顔がかわいくて、大卒なのに発言がおばかで、擬音語が多くて。小鳥がさえずるみたいな高音が、綺麗に透き通ったような歌声で。ゆったりした省エネダンスさえ、天使が舞っているのかなって思った。あ、わたし、この人のことが好きだって思った。

 ジャニーズにハマるなんて思ってなかった。それまでジャニーズなんて興味なかったから。まさかもうすぐアラサーと呼ばれる年になって、そんな。
 足を踏み入れた沼は暖かくて、それからはめくるめく日々。
 たくさんライブに行った。生まれて初めて劇場に行ってお芝居を観た。ジャニショでお写真を買った。お手紙を書いた。うちわを部屋に飾った。カラオケにも飾って鑑賞会した。社会人になってから友達なんて経る一方だったのに、トーカク*11を通してたくさんできた。日本各地にできた。ひたすら、楽しくて幸せでふわふわしていた。いつでもイッチはかわいすぎる笑顔で、ゆるゆるに踊ってた。歌声は透き通って、歌詞が胸に響いた。
「いつもぼくを思い出して 死んでも思い出して ただひたすら生きて」*12このフレーズを思い出しては仕事のいやなこともどうにか乗り切った。だって、わたしのそばにはいつだってイッチがいたから。

 2017年のエモステ*13横アリで通路横があたって、はじめてまともにイッチのファンサを食らった。イッチから投げキッスをもらった瞬間、からだじゅうがしびれて、一回そこで死んだ。もう一生イッチを推すと心に誓った。
 なのに。それから2年もたっていないのに。私はこうして坦降りすることになっているのは何でなんだろう。

 

 あの、いわゆる10月クーデターさえなければ。

 

 思い出すだに、息が詰まる。
 永太の突然の脱退・退所・海外留学宣言*14それだけでも胸が本当に苦しい。なのに、さらに、7人Jrを追加するなんて本当にどういうことだか未だに意味が分からない。わたしはそこで初めて、4人の中で優しく笑うイッチが好きだったって、4人のトーカクが大好きだったって気づいた。
「10月革命は4人で10月革命でした。でも、永太がやめるってなっても、あらし兄さん*15たちと同じ選択はしちゃいけないって思ったんです。新しい歴史をつくりたいって。だって僕らはまだまだだから。革命の名に恥じない変革をしないとって」
 イッチは記者会見で前を向いてそう話した。そして、トーカクJrとしてトーカク4人が自ら選んだ7人のJrメンバーを追加して10人体制で行く、と告げた。そして、7人のJrの名前を呼んだ。
 晃良の名前が呼ばれた瞬間、私は本気で気を失った。
 そしてそのとき、わたしはとっさにきっきのことを考えた。
「きっきからシンメをとったのに、またきっきのグループからメンバー奪うの!?」
「イッチなに考えてるの!?」
「だいたい晃良は11月1日生まれだろーが!」*16
「あとメンバー入れ替え制ってなんだよその悪しき法!!!」
 怒りで人は死ぬ。憤死とはありうる話だと思った。そのとき私は目から血を流す勢いで憤っていた。憤りに憤った。憤り千万だった。
 あんなに天使に見えたイッチが悪魔に見えた。一晩でこんなに変わってしまうのかと泣いた。
 わたしのtwitterはお花畑から愚痴垢になった。かなしいかなしいって泣いた。自坦かわいい尊いっていえなくなった。TVにでているのも苦しくなった。
 なんでこんなに苦しくていやなんだろうってすごく考えた。つまり、イッチがきっきをいじめる加害者にしか見えなくなったってことだなと気づく頃には、ずいぶん、イッチのファンから遠いところにたどり着いてしまっていた。
 イッチとほぼ同時に入ったきっきは、イッチがデビューするまでずっとなかよしシンメだった。大卒なのに天然でぬけてるイッチと、体力バカで本気のバカな熱血きっき。同い年で同期の二人は、見た目も性格も正反対のようでよく似ていた。スノボが好きでふたりでよくゲレンデではしゃいだり、虫好きで標本を集めていたり、歌がとってもうまかったり。ダンスのスキルがあんまりないイッチに比べて、振り付けもできちゃうくらいダンスがうまいきっき。なんできっきじゃなくてイッチなのかって、当時のオタクはさんざん騒いだらしい。
 イッチのことを知れば知るほど、きっきのことも知れた。イッチがことあるごとにきっきの名前を出すから。だからきっきのこともどんどん好きになったし、きっきのグループのコンサートも行った。たぶん、この辺から少しずつ、わたしの気持ちは傾いていたのかもしれない。
 クーデターが起こってから、気力を失ったわたしがフラフラで行ったジャニワ*17
 舞台の上できっきを観た。長い手足をしなやかにのばし、どう考えても関節が人より多くないとできないような細かいフリを涼やかにこなした。だれよりも高く高く、空中を力強く転回した。あ、と思った。目の前で起こることのすばらしさに見とれた。しばらくぶりに息をした気持ちになった。
 わたし、ジャニオタだった。イッチを通して、意味の分からないキラキラが暴力的に降ってくる世界に魅せられたのだった。
 そこからはまた、めくるめく日々。きっきのことが頭から離れなくなった。イッチのことも少しずつみれるようになった。きっきがブログでいっぱいイッチの名前を出すから。そしてようやく、ふたりとも加害者でも被害者でもないことに気づいた。
 クーデターから半年。わたしはやっぱりジャニオタです。きっきのおかげでまた毎日が輝きはじめました。イッチの革命を見届けたい気持ちはあるけれど、それよりもきっきが報われる世界を瞬きもせず見守りたいと思いました。
 わたしは今、きっきが好き。だからきっきを心から応援したいと思います。

 

大学生のわたしへ。
その彼氏と別れてわりとすぐ、オタクになるよ。
よくわかんない自分磨きはすぐやめて貯金しな。
就活はなんだかんだうまく行きます。仕事、けっこう楽しいよ。
あとめちゃくちゃ面食いになるから覚悟しておいて。

 

イッチを担当し始めた3年半前のわたしへ。
 生まれて初めての自坦に戸惑ってるね。そこからめっちゃくちゃ楽しいよ!オタクばんざい!
 やりなおせるならここに戻って、イッチを加害者というフィルターでみることが絶対にない人生を歩みなおしたい。イッチは加害者じゃない。きっきも被害者なんかじゃない。今ならそんなのすぐにわかるのに、そしてこのときのわたしならきっとわかるのに。
 どこで道を間違ってしまったのかな。

 

トーカク坦、イッチ坦のおともだちへ。
トリカヘチャタテ出のわたしを快く迎えてくれてありがとう。
こんなに新しく友達ができるなんて思わなかった。
トーカクのことはちょっと遠巻きにみる感じになるけど、とかいってそこそこ課金する未来が見えるな。そしたら笑ってね。
愛方。ほんとあなたに会えたのがイッチ坦になって一番の財産っていえるよ。ありがとう。よければこれからもよろしくね。

 

イッチへ。
あなたに会えたこと、本当に幸せです。
3年半、応援させてくれてありがとう。
ついていけなくなってごめんね。あなたにとってのファンでなくなってしまう、自分がやるせない。
イッチは最高のアイドルです。いつまでもだれかのアイドルでいてね。
イッチ、革命成功させてね。

 

きっきへ。
 こんにちは。ジャニオタになってから、ずっとずっと心のすみっこにあなたがいました。はじめはイッチの元シンメとして。今は心のまんなかにあなたがいます。
 きっきが報われる日がこないなんて嘘だよ。だから、その日まで、お願いだからやめないで。
 わたしはアイドルとファンの距離で一生懸命ペンラをふって、お手紙書いて。ジャニショでお写真買って、いろんな要望出して、TVに少しでも映ったらいっぱいSNSで騒いで。アイランドTV*18もたくさん観るよ。どんなに後輩に抜かれても、たとえ光の当たらない舞台の端にいたとしても、わたしはあなたを見つけたい。デビューできない組と揶揄されたって、わたしにとってあなたはアイドルです。アイドルになってくれてありがとう。アイドルで居続けてくれてありがとう。
 もしも、わたしがついていけなくなる日がきても、あなたは絶対最高のアイドルです。あなたが笑えば、世界が救われるから。今この瞬間、わたしはあなたにすごくすごく救われているよ。自信を失いやすいあなたが決して自分を忘れずに、きっきらしく、幸せで居続けられますように。
 架空のあなたの幸せを、これから全力かけて応援するからね。 

*1:もちろん架空のアイドルです。デビュー5年目くらい?24歳。ジャニの4人組「10月革命」のリーダー。

*2:もちろん架空

*3:実在の人物ではありません

*4:実在の番組とは関係ありません

*5:だから実在ではありません

*6:架空です

*7:こちらは実在します。メスがペニスを持ちオスに挿入し精子を搾取するという超すごい進化を遂げてしまった虫。この虫のことを考えると女らしさ男らしさなんてどーでもよくなる

*8:ダンスが得意なジュニアの5人組。アクロバットが得意。グループ名は全員の下の名前のイニシャルから。歴史上の人物とはまったく関係ないが、しいていうならノーベル平和賞ものの活躍をするようにという願いがこめられているとかいないとか。でも見た目の治安はそんなによくない。リーダー的役割の荒木彩日人くんはリーダーではなく議長と呼ばれている。

*9:架空の降り先のアイドル。中堅どころのデビューしてない若手組。

*10:デビュー5年目。歌がうまくてビジュアルが天使のようによい4人組。ひとりリトアニアとのダブルがいる。10月デビューで全員10月生まれということで、革命を起こすグループになるようにという願いが込められている。史実とはもちろん一切無関係です

*11:10月革命の通称。

*12:デビューシングル「死んだように生きる」のサビ。

*13:8都市14公演のデビュー3年目のライブツアー「エモーショナル爆発ステーションツアー」

*14:フェミニンな魅力で人気だったエースの中西永太くん。海外留学といいつつ実はタイで性別変更手術を受けるためだった。のちにオネエアイドルとして事務所に復帰し大ブレイクする

*15:実在のグループとは無関係です

*16:きっきが所属するARFATの最年少18歳。ハワイ生まれで時差があるからオッケーらしい。このあと旧暦で10月だからオッケーなどかなりゆるゆるルールになる

*17:架空の舞台演劇。しょうますとごーおん。

*18:アプリで見れるジュニアの動画サイト。もちろん実在のものとは無関係です